コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カメ

3件 の用語解説(亀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かめ【亀】

カメ目の爬虫(はちゅう)類の総称。体の構造は中生代の祖先形から大きな変化がなく、背面と腹面とに骨質の甲をもち、中に頭・四肢・尾を引っ込めて身を守る。あごはくちばし状になり、歯はない。水・陸にすみ、イシガメクサガメウミガメゾウガメなど、種類が多い。長寿で、鶴(つる)とともに縁起のよい動物とされる。
《カメは酒をよく飲むといわれるところから》大酒飲みのこと。
紋所の名。親子亀、亀の丸、亀下り、三つ追い亀など。

き【亀〔龜〕】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]かめ
〈キ〉
爬虫(はちゅう)類の名。カメ。「亀甲(きこう・きっこう)神亀
占いに用いるカメの甲。「亀鑑亀卜(きぼく)亀裂
〈かめ(がめ)〉「石亀海亀鶴亀
[名のり]あま・すすむ・ひさ・ひさし

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かめ【亀】

カメ目の爬虫類の総称。体は背甲と腹甲で覆われ、この二つの甲は体側でつながって箱状となり、頭・尾、および四肢の出る穴がある。大半は水陸両生生活をするが、水中または陸上のみで生活する種もある。歯をもたない。水辺の砂地に穴を掘って産卵する。陸上での行動はのろい。現存のイシガメ・スッポン・タイマイ・ウミガメなどのほかに化石として発見される種が多い。古来、万年の齢よわいを保つといわれ、鶴とともに吉兆を表すめでたい動物として喜ばれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亀の関連キーワード有鱗類大蜥蜴鎖蛇四肢キング蛇臭亀スキンク鼈擬爬虫陸亀

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亀の関連情報