コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメ

デジタル大辞泉の解説

かめ【亀】

カメ目の爬虫(はちゅう)類の総称。体の構造は中生代の祖先形から大きな変化がなく、背面と腹面とに骨質の甲をもち、中に頭・四肢・尾を引っ込めて身を守る。あごはくちばし状になり、歯はない。水・陸にすみ、イシガメクサガメウミガメゾウガメなど、種類が多い。長寿で、鶴(つる)とともに縁起のよい動物とされる。
《カメは酒をよく飲むといわれるところから》大酒飲みのこと。
紋所の名。親子亀、亀の丸、亀下り、三つ追い亀など。

き【亀〔龜〕】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]かめ
〈キ〉
爬虫(はちゅう)類の名。カメ。「亀甲(きこう・きっこう)神亀
占いに用いるカメの甲。「亀鑑亀卜(きぼく)亀裂
〈かめ(がめ)〉「石亀海亀鶴亀
[名のり]あま・すすむ・ひさ・ひさし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かめ【亀】

カメ目の爬虫類の総称。体は背甲と腹甲で覆われ、この二つの甲は体側でつながって箱状となり、頭・尾、および四肢の出る穴がある。大半は水陸両生生活をするが、水中または陸上のみで生活する種もある。歯をもたない。水辺の砂地に穴を掘って産卵する。陸上での行動はのろい。現存のイシガメ・スッポン・タイマイ・ウミガメなどのほかに化石として発見される種が多い。古来、万年の齢よわいを保つといわれ、鶴とともに吉兆を表すめでたい動物として喜ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

亀の関連キーワードゼノンのパラドックス新潟県佐渡市鷲崎和気亀亭(4代)放し亀・放ち亀アキレスの論証伊賀局(2)石亀も地団駄永島段右衛門アキレスと亀キッコーマン阿倍安麻呂亀頭包皮炎小松屋百亀丹波屋亀助亀は万年加納御前タートル大酒飲み下郷鉄叟トータス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀の関連情報