(読み)カメ

  • がめ
  • 亀〔龜〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

カメ目の爬虫(はちゅう)類の総称。体の構造は中生代の祖先形から大きな変化がなく、背面と腹面とに骨質の甲をもち、中に頭・四肢・尾を引っ込めて身を守る。あごはくちばし状になり、歯はない。水・陸にすみ、イシガメクサガメウミガメゾウガメなど、種類が多い。長寿で、(つる)とともに縁起のよい動物とされる。
《カメは酒をよく飲むといわれるところから》大酒飲みのこと。
紋所の名。親子亀、亀の丸、亀下り、三つ追い亀など。
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]かめ
〈キ〉
爬虫(はちゅう)類の名。カメ。「亀甲(きこう・きっこう)神亀
占いに用いるカメの甲。「亀鑑亀卜(きぼく)亀裂
〈かめ(がめ)〉「石亀海亀鶴亀
[名のり]あま・すすむ・ひさ・ひさし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 爬虫(はちゅう)綱カメ目に属する動物の総称。ただし、普通にはカメ目からスッポン科を除いたものをいう。他の脊椎動物とは体制が著しく異なって、背面および腹面に甲を有し、両甲は側面でつながっており、頭、四肢(しし)、尾のみを甲の外に出し、多くはそれらを内におさめることができる。甲は表皮が角質で、その内側が骨質で堅いが、スッポン、オサガメなどのように柔らかいものもある。顎(あご)は嘴状(くちばしじょう)になり、歯がない。卵生で、水中に生活するものが多いが、それらでも必ず産卵は陸上で行なう。また、リクガメ等は陸棲(りくせい)である。その種類は二三〇以上にのぼるが、多くは熱帯、亜熱帯に産する。日本で見られるものは、淡水産でイシガメ、クサガメ、それにスッポン、海産のものではアオウミガメ、アカウミガメ、タイマイ、オサガメ等である。沖縄にはヤマガメ、セマルハコガメを産する。万年のよわいを保つといわれて、鶴とともにめでたい動物としてとうとばれる。がめ。水亀(すいき)
※古事記(712)中「亀(かめ)の甲(せ)に乗りて釣(つり)為つつ打ち羽挙(はぶ)き来る人」
② 亀卜(きぼく)に用いる亀の甲。
※万葉(8C後)一六・三八一一「卜部すゑ 亀(かめ)もな焼きそ 恋ひしくに」
③ ①を模様化したもの。また、①を図案化した紋所の名。親子亀、亀下り、亀の丸、三つ追い亀、みの亀の丸、二つ追い亀の丸、子持ち亀の丸、蓬莱亀(ほうらいがめ)、珖琳亀(こうりんがめ)、寿(ことぶき)の字の亀、その他種類が多い。
※たまきはる(1219)「からあやの三こそで、もんみなかめ」
④ 大酒を飲む人をいう。亀はよく酒を飲むとされることからたとえていう。大酒飲み。
⑤ 足のおそいこと。また、その人。亀の歩くのがおそいのにたとえていう。
⑥ 首をすくめ、手足を縮めたさま、かっこう。亀が首や四肢(しし)を甲の中に引っ込めたさまにたとえていう。
※雑俳・柳多留‐三七(1807)「亀といふ身でしゃがんでる寒ひ事」
⑦ 陰茎をいう俗語。その形が亀の首に似ているところからいう。
※洒落本・三教色(1783)後座「『亀のつらが出た』『下卑をいわっしゃんな』」
[語誌](1)亀を題材にした説話には、「書紀‐雄略二二年七月」などに見える浦島伝説や「今昔‐一九」などの報恩譚があり、これら二種の説話が後に結びついて御伽草子「浦島太郎」が成立する。
(2)今日一般にはカメとスッポンを区別しているが、スッポンをも「かめ」という地方も少なくない。また、スッポンを「がめ」と濁音にしてカメと区別する地方もある。→がめ(亀)
〘名〙 「すっぽん(鼈)」の異名
※物類称呼(1775)二「鼈 すほん〈略〉加賀及能登越中越後にて、がめと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀の関連情報