予防接種法(読み)ヨボウセッシュホウ

  • よぼうせっしゅほう ヨバウハフ
  • よぼうせっしゅほう〔ヨバウセツシユハフ〕

デジタル大辞泉の解説

感染症予防症状軽減・まん延防止などを目的として昭和23年(1948)に制定された法律
[補説]予防接種には、全額公費負担の定期接種と、希望者が自己負担で受ける任意接種がある。平成6年(1994)の改正で、定期接種は義務接種から勧奨接種に切り替えられた。また、平成13年(2001)の改正では、65歳以上および60歳以上65歳未満で心臓腎臓呼吸器疾患のある人などを対象に、インフルエンザの予防接種の費用が一部助成されるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 伝染のおそれがある疾病の発生および蔓延を予防するために、予防接種を行ない、公衆衛生の向上や増進に寄与することを目的とした法律。昭和二三年(一九四八)制定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の予防接種法の言及

【予防接種】より

…その後,1909年に種痘法が制定され,種痘の徹底が図られた。しかし,種痘以外の予防接種の法制化は,48年の予防接種法の制定をまたねばならなかった。この法律は,その後十数回の改正をへて,今日,おおよそ次のような内容をもっている。…

※「予防接種法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android