コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二名法 にめいほうbinominal nomenclature

3件 の用語解説(二名法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二名法
にめいほう
binominal nomenclature

複名法ともいう。生物分類の正式命名法で,種の学名をつける場合に,ラテン語でその属の名と種の名とを組合せて表わす。この方式は,1620年に G.ボアンが約 6000種に及ぶ植物の記載をした際にも用いたものであるが,C.リンネが『自然の体系Systema Naturae (1735) を著わしたときに本格的に採用し,それが今日にいたっている (今日基準とするのは 1758年の第 10版である) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にめい‐ほう〔‐ハフ〕【二名法】

生物の種の学名の付け方で、ラテン語を用い、属と種の名を列記するもの。属名大文字で始め、種の名(種小名種形容語)は小文字(植物で人名に由来する場合は大文字)で始める。リンネが提案。
[補説]例えば、イチョウの学名はGinkgo biloba。Ginkgoは日本語の銀杏の音読みGinkjoの誤記とされる。bilobaは二つに裂けた葉という意味。イチョウは中国原産だが、17世紀末に日本に滞在したケンペルが帰国後刊行した著書の中で紹介し、後にリンネが命名した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にめいほう【二名法】

国際命名規約に基づく生物種の命名法。ラテン語を用いて最初に属名(頭文字は大文字)、次に種小名(小文字)をつける方法。リンネによって始められた。 → 和名漢名

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone