コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二名法 にめいほうbinominal nomenclature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二名法
にめいほう
binominal nomenclature

複名法ともいう。生物分類の正式命名法で,学名をつける場合に,ラテン語でそのの名と種の名とを組合せて表わす。この方式は,1620年に G.ボアンが約 6000種に及ぶ植物の記載をした際にも用いたものであるが,C.リンネが『自然の体系』 Systema Naturae (1735) を著わしたときに本格的に採用し,それが今日にいたっている (今日基準とするのは 1758年の第 10版である) 。ただし亜種名などは種名のあとに続けるので,この場合には三名法のような感じになる (たとえば,ネアンデルタール人は Homo sapiens neanderthalensis) 。また詳しくは,学名のあとに命名者,命名年号を記すが,これは通常,略される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にめい‐ほう〔‐ハフ〕【二名法】

生物の種の学名の付け方で、ラテン語を用い、属と種の名を列記するもの。属名大文字で始め、種の名(種小名種形容語)は小文字(植物で人名に由来する場合は大文字)で始める。リンネが提案。
[補説]例えば、イチョウの学名はGinkgo biloba。Ginkgoは日本語の銀杏の音読みGinkjoの誤記とされる。bilobaは二つに裂けた葉という意味。イチョウは中国原産だが、17世紀末に日本に滞在したケンペルが帰国後刊行した著書の中で紹介し、後にリンネが命名した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にめいほう【二名法】

国際命名規約に基づく生物種の命名法。ラテン語を用いて最初に属名(頭文字は大文字)、次に種小名(小文字)をつける方法。リンネによって始められた。 → 和名漢名

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二名法の関連キーワード命名規約昆虫学植物学分類学双翅類漢名変種

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android