コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二朮湯 にじゅつとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

にじゅつとう【二朮湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)白朮(びゃくじゅつ)蒼朮(そうじゅつ)半夏(はんげ)黄芩(おうごん)天南星(てんなんしょう)陳皮(ちんぴ)威霊仙(いれいせん)茯苓(ぶくりょう)香附子(こうぶし)羌活(きょうかつ)生姜(しょうきょう)甘草(かんぞう)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。五十肩肩こり神経痛などに用いる。体力は中程度で筋肉に締まりがなく、比較的消化器系の弱い人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android