コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二藍 ふたあい

色名がわかる辞典の解説

ふたあい【二藍】

色名の一つ。二種類のあいを用いて染めたみがかった薄いのこと。一つは一般的な藍染のアイでタデ科の一年草。もう一つはキク科ベニバナ。ベニバナを用いたべには「くれない」とも読むが、これは中国の呉の国から伝えられた「呉藍くれあい」を意味している。このことから、アイとベニバナによる染色の色を二藍という。平安時代から使われてきた伝統色名。語感がよいせいか、店の名前などによく用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふたあい【二藍】

染め色の名。紅花で染めた上から重ねて藍で染めた色。青みがかった赤紫。二つ色。ふたい。
かさねの色目の名。表は赤みの紺、裏は縹はなだに糊のりを引く。四〇歳まで着用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二藍の関連キーワード指貫(衣服)杜若・燕子花押し圧す夏虫の色何となし桔梗色薄二藍タデ科玉虫色黄櫨染比金襖色目赤紫狩衣紅花虫襖桜襲桔梗下襲苔色

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二藍の関連情報