二重生活(読み)ニジュウセイカツ

デジタル大辞泉の解説

にじゅう‐せいかつ〔ニヂユウセイクワツ〕【二重生活】

同一人が性質の異なる二つの生活を営むこと。「医者と物書きの二重生活
一つの家族の構成員が何かの事情で、別々に生活すること。
[補説]書名別項。→二重生活

にじゅうせいかつ【二重生活】[書名]

《原題、〈ドイツDoppelleben》ドイツの詩人ベンの自伝。1950年刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

二重生活

折原一と新津きよみの共作による長編ミステリー。1996年刊行。

二重生活

1947年製作のアメリカ映画。原題《A Double Life》。監督:ジョージ・キューカー、出演:ロナルド・コールマン、シェリー・ウィンタース。第20回米国アカデミー賞主演男優賞(ロナルド・コールマン)、劇・喜劇映画音楽賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

にじゅうせいかつ【二重生活】

同一人が、職業や風俗などの全く異なる性質の二つの生活を営むこと。
一家族の家庭生活の場が二か所に分かれた状態で生活すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にじゅう‐せいかつ ニヂュウセイクヮツ【二重生活】

〘名〙
① 同一人が、職業風俗・習慣などの外見が著しく異なる二つの生活を営むこと。また、一人が二つの生活の場を持つこと。〔や、此は便利だ(1914)〕
② 和洋両様の生活様式をとり入れた生活。
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉絹代の勇気「和服と洋服の二重生活を解決するような新様式が考案されているのかとおもったら」
③ 家族の構成員が何らかの事情によって別々のところで生活すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二重生活の関連情報