コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五大堂 ゴダイドウ

大辞林 第三版の解説

ごだいどう【五大堂】

五大明王を安置した堂。五大尊堂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五大堂の言及

【五大明王】より

…中国の例は,唐代に造られた五大明王鈴(東京国立博物館)しか知られていないが,日本では,宮中真言院における後七日御修法の本尊としての画像,あるいは平安時代に盛んであった五壇法の本尊として造像された。五大堂は五大明王を安置した仏堂である。現存する著名な作例には,東寺講堂,大覚寺の彫像,岐阜来振寺,東寺,醍醐寺の画像などがある。…

【松島】より

…宮戸島),富山(117m),扇谷,多聞(たもん)山(50m)は松島四大観(壮観,麗観,幽観,偉観)と称される。 海岸付近には史跡が多く,1609年(慶長14)に再建され,国宝・重要文化財の多い伊達家の菩提寺瑞巌(ずいがん)寺,藩主の観月の場となり〈月見の御殿〉と呼ばれた観瀾亭,坂上田村麻呂の創建と伝え,後に伊達政宗が再建した五大堂,円通院霊屋,陽徳院霊屋があり,渡月橋を渡った雄島(千松島)には奥州三古碑の一つといわれる頼賢(らいけん)碑があり,岩壁には卒塔婆の形を彫った跡が多い。松島湾の支湾塩釜湾の奥には奥州一宮の塩竈(しおがま)神社が鎮座する。…

※「五大堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五大堂の関連キーワード松島(宮城県)鎌倉(市)松島[町]醍醐寺境内田沢稲舟五大明王日本三景宅磨為行大覚寺大仏師醍醐寺瑞巌寺松島町法性寺平等院法成寺石鳥谷中禅寺定朝松島

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五大堂の関連情報