コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五畿内志 ごきないし

2件 の用語解説(五畿内志の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五畿内志【ごきないし】

畿内に関する総合的地誌。関祖衡(せきそこう)・並河永(なみかわえい)らによって編纂された《日本輿地通志(にほんよちつうし)畿内部》の略称。61巻。1734年の成立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ごきないし【五畿内志】

五畿内の地誌。1734年(享保19)2月,関祖衡,並河永(誠所)らにより編纂された《日本輿地通志畿内部》の略称で,漢文で記す。全61巻。それぞれの国について,建置沿革,範囲,道路,形勝,風俗,祥異,また,郡ごとに,郷名,村里,山川,物産,神社,陵墓,寺院,古蹟,氏族,文苑の項に分かって記述し,最後に,その国の簡単な地図を添えている。五畿内に関する最初の総合的地誌であり,当時の交通路や社寺についての記事は,現在でも利用価値が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

五畿内志の関連キーワード蝦夷志上方五畿七道五畿五畿内四畿内輿地誌略上杉宗憲土屋陳直十寸見河東(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone