コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五畿内志 ごきないし

百科事典マイペディアの解説

五畿内志【ごきないし】

畿内に関する総合的地誌関祖衡(せきそこう)・並河永(なみかわえい)らによって編纂された《日本輿地通志(にほんよちつうし)畿内部》の略称。61巻。1734年の成立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごきないし【五畿内志】

五畿内の地誌。1734年(享保19)2月,関祖衡,並河永(誠所)らにより編纂された《日本輿地通志畿内部》の略称で,漢文で記す。全61巻。それぞれの国について,建置沿革,範囲,道路,形勝,風俗,祥異,また,郡ごとに,郷名,村里,山川,物産,神社,陵墓,寺院,古蹟,氏族文苑の項に分かって記述し,最後に,その国の簡単な地図を添えている。五畿内に関する最初の総合的地誌であり,当時の交通路社寺についての記事は,現在でも利用価値が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五畿内志の関連キーワード並河誠所国絵図

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android