五調子(読み)ゴチョウシ

世界大百科事典 第2版の解説

ごちょうし【五調子】

仏教音楽の声明(しようみよう),とくに真言声明理論用語。壱越(いちこつ)調,平調(ひようぢよう),双調(そうぢよう),黄鐘(おうしき)調,盤渉(ばんしき)調の五つの調子をいい,真言声明の各曲は,そのいずれかに属しているとされる。また,五調子のうちの壱越調と双調の曲は呂曲(りよきよく),平調と盤渉調は律曲,黄鐘調は中曲(ちゆうきよく)であるといい,さらに反音曲(へんのんきよく)という曲種も設定されているが,現在伝承されている旋律の実際や音階構造は,そういった伝統的な理論と必ずしも合致しておらず,中曲や反音曲の理論については,その解釈すら意見が分かれるというのが現状である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごちょうし【五調子】

雅楽の基礎となる五つの調子。壱越いちこつ調・平調ひようじよう・双調・黄鐘おうしき調・盤渉ばんしき調。五調。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五調子の関連情報