コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五調子 ゴチョウシ

デジタル大辞泉の解説

ご‐ちょうし〔‐テウシ〕【五調子】

中国古来の音楽で、宮・商・角・徴(ち)・羽の五つの音階。
日本の雅楽で、壱越(いちこつ)調・平調(ひょうじょう)・双調黄鐘(おうしき)調・盤渉(ばんしき)調の五つの調子。五調

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごちょうし【五調子】

仏教音楽の声明(しようみよう),とくに真言声明理論用語。壱越(いちこつ)調,平調(ひようぢよう),双調(そうぢよう),黄鐘(おうしき)調,盤渉(ばんしき)調の五つの調子をいい,真言声明の各曲は,そのいずれかに属しているとされる。また,五調子のうちの壱越調と双調の曲は呂曲(りよきよく),平調と盤渉調は律曲,黄鐘調は中曲(ちゆうきよく)であるといい,さらに反音曲(へんのんきよく)という曲種も設定されているが,現在伝承されている旋律の実際や音階構造は,そういった伝統的な理論と必ずしも合致しておらず,中曲や反音曲の理論については,その解釈すら意見が分かれるというのが現状である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごちょうし【五調子】

雅楽の基礎となる五つの調子。壱越いちこつ調・平調ひようじよう・双調・黄鐘おうしき調・盤渉ばんしき調。五調。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五調子の関連情報