五調(読み)ゴチョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐じょう【五調ガンデウ・頑丈グヮンヂャウ・岩畳ガンデフ・岩乗ガンジョウ

〘名〙 (歴史的かなづかい未詳)
① (五調) 名馬に仕上げるための五つの条件。蹄、性質、体格、血統、生産地の五つ(大坪流馬書)。
※文明本節用集(室町中)「五調 ガンデウ」
② (形動) 名馬としての条件の整った馬。馬のすぐれて強健なもの。また、そのさま。転じて、五、六歳から一五、六歳までの馬。
※玉塵抄(1563)一四「足のなえてがんでうにない馬ぞ」
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)三「巖茸(ガンジャウ)(なる)馬一疋引て参れ」
③ (形動) 人または物が、堅固でじょうぶなこと。がっしりしていること。また、そのさま。
(イ) 人の場合。
※玉塵抄(1563)二二「矍鑠といえたわ馬援ががんてうななりをにわかにごらうじて」
※甲陽軍鑑(17C初)品二五「足手強盛(ガンジャウ)なる者をすぐり候故」
(ロ) 物の場合。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「門の岩畳にして、家を繞(めぐ)る枳殻の生垣の隙間もなく尖鍼(はり)を立てて」
④ 我(が)を張ること。がんばり。
※浄瑠璃・艷容女舞衣(三勝半七)(1772)下「老の五調(ガンデウ)気はいらくら、急ぐ足取り我が家の軒」
[語誌](1)①と②以下が同語源であるか否かは判然としないが、②以下の用例にも「五調」の表記が見られる。「書言字考節用集‐八」に「本朝ノ俗語」として「岩畳・岩乗・五調・四調」を示すことからも、多様な漢字が当てられていたことがうかがわれる。
(2)「頑丈」は明治以後の用字といわれているが、明治から昭和にかけても「岩畳」「岩乗」「巖丈」「頑畳」など多様な表記が使われた。

ご‐ちょう ‥テウ【五調】

〘名〙
① 中国の古代音楽に使われた五つの調子。瑟調・平調・清調・楚調・側調の五調子をいう。〔琴学大意抄(1728頃)〕
② 「ごちょうし(五調子)」の略。〔魏書‐楽志〕
③ 体の調子がよく健康であること。頑強であること。
※多聞院日記‐天正一四年(1586)三月一日「当年百二才と申、一段五調也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五調の関連情報