コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艶容女舞衣 はですがたおんなまいぎぬ

6件 の用語解説(艶容女舞衣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

艶容女舞衣
はですがたおんなまいぎぬ

浄瑠璃。世話物。3巻。竹本三郎兵衛豊竹応律八民平七合作。安永1 (1772) 年大坂豊竹座初演。元禄8 (1695) 年大坂千日寺墓所で女芸人三勝と赤根屋半七とが心中した事件を脚色したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はですがたおんなまいぎぬ〔はですがたをんなまひぎぬ〕【艶容女舞衣】

浄瑠璃。世話物。3巻。竹本三郎兵衛・豊竹応律らの合作。安永元年(1772)大坂豊竹座初演。三勝・半七の情話を描いたもので、「酒屋」の段が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

艶容女舞衣【はですがたおんなまいぎぬ】

竹本三郎兵衛ら作の浄瑠璃,また,これに基づく歌舞伎劇。1772年初演。1695年の美濃屋の遊女三勝(さんかつ)と赤根屋半七の大坂千日前での心中事件を脚色。下の巻の通称〈酒屋〉の場が全編の中心で,半七の貞淑な女房お園が不在の夫をしのんで嘆くクドキ〈今ごろは半七さん……〉が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はですがたおんなまいぎぬ【艶容女舞衣】

(1)人形浄瑠璃狂言。1772年(安永1)12月大坂豊竹座初演。竹本三郎兵衛,豊竹応律,八民(やたみ)平七の合作。上中下3巻の世話物。通称《酒屋》。1695年(元禄8)12月7日大坂千日の墓所の南側,俗称さいたら畑で,大和国五条新町赤根屋半七と島の内の垢摺女(下級娼婦)美濃屋三勝が心中。この事件にもとづいて,音曲,歌舞伎三勝半七物の作品群があらわれた。本作品は,その一つ。大坂上塩町の酒屋茜屋半兵衛の息子半七は,女舞の芸人美濃屋三勝との間にできた娘を捨てて心中。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はですがたおんなまいぎぬ【艶容女舞衣】

人形浄瑠璃。世話物。竹本三郎兵衛・豊竹応律・八民平七作。1772年初演。女舞の太夫三勝と茜屋半七の恋愛、そこから起こる家庭の悲劇を描いたもの。下の巻「酒屋の段」が現在もしばしば上演される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

艶容女舞衣
はですがたおんなまいぎぬ

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。三段。竹本三郎兵衛(さぶろべえ)・豊竹応律(とよたけおうりつ)・八民(やたみ)平七合作。1772年(安永1)12月大坂・豊竹座初演。1695年(元禄8)の千日墓地における女舞(おんなまい)の芸人美濃屋三勝(みのやさんかつ)と大和(やまと)五条新町(奈良県)の赤根屋(あかねや)半七の心中事件を脚色した「三勝半七物」のなかでもっとも有名な作品。大坂上塩(うえしお)町の酒屋茜(あかね)屋の息子半七は、女房お園がありながら女舞の三勝となじみ、お通という子までもうけたうえ、三勝に横恋慕する今市屋善右衛門(ぜんえもん)を殺して御尋ね者になるが、三勝と心中寸前に善右衛門の悪事が判明し、半七の罪が許されて救われる。このうち下の巻「酒屋」だけが今日に残り、人形浄瑠璃でも歌舞伎(かぶき)でもしばしば上演される。半七、三勝がお通に書置きを持たせて茜屋の門口に預け死出の旅に向かう場面だが、半七を思うお園の貞節を中心に、半兵衛夫婦やお園の父宗岸(そうがん)らの情愛が細やかに描かれ、ことにお園が不在の夫をしのんで物思いにふける「今ごろは半七さん……」のクドキは有名で、義太夫中での人気作になっている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

艶容女舞衣の関連キーワード間の狂言操り狂言操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座立狂言内海繁太郎景清(人形浄瑠璃)《廿四孝》(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

艶容女舞衣の関連情報