矍鑠(読み)かくしゃく

故事成語を知る辞典「矍鑠」の解説

矍鑠

年を取っても元気のいいようす。

[使用例] 父はことし七十歳になりましたが、まだ矍鑠と毎日会社に顔を出し、〈〉あの青山のマンションで東京住まいをつづけています[宮本輝*錦繡|1982]

[由来] 「後漢書えん伝」に見える話から。一世紀半ば、後漢王朝の光武帝の時代の中国で、南方反乱が起こったときのこと。馬援という将軍が、鎮圧に赴くことを志願します。しかし、六〇余歳という彼の年齢を心配して、光武帝は許可を出しません。そこで馬援は、光武帝の前で馬にまたがり、あたりをにらみつけるポーズを取って見せました。すると、光武帝は笑って、「矍鑠たるかな、此のおきなや(元気なものだなあ、このじいさんは)」と言って、出陣を許可したということです。この「矍鑠」は、年を取っても元気がいいようすを指す方言か何かだったようですが、以後、広く使われるようになりました。ちなみに、馬援は、「老いてますます盛んなりという名言も残しています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「矍鑠」の解説

かく‐しゃく クヮク‥【矍鑠】

〘形動タリ〙 老年になっても、心身ともに元気のいいさま。
※菅家文草(900頃)二・臨別送鞍具総州春別駕「御銜勒本君功。顧眄将聞矍鑠翁
※火の柱(1904)〈木下尚江〉二九「今年既に七十を越して、尚ほ钁鑠(クヮクシァク)としては居りますが」 〔後漢書‐馬援伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「矍鑠」の解説

かく‐しゃく〔クワク‐〕【××鑠】

[ト・タル][文][形動タリ]年をとっても丈夫で元気のいいさま。「矍鑠たる老人」「老いてなお矍鑠としている」
[類語]ぴんしゃんぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健健康丈夫無病息災無事健勝清勝すこやか壮健健全達者元気まめつつがない息災強壮強健頑健強い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android