コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井田制 せいでんせいJing-tian-zhi; ching-t`ien-chih

1件 の用語解説(井田制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井田制
せいでんせい
Jing-tian-zhi; ching-t`ien-chih

中国の古代儒家が理想として説いた代の土地制度。『孟子』によると 900畝 (ぽ) の土地を井字形に9等分し8家が 100畝ずつ耕作し (私田) ,中央の区画を共同耕作とし (公田) ,その収穫を租税とした制度 (助法) であるという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の井田制の言及

【新】より

…そこで王莽は王土思想にもとづいて天下の田を王田と称して売買を禁止するとともに,男子8人以下の家では1井(約4.1ha)を限度とし,それ以上の田地を所有するものは,超過分を親族や郷村のものに分け与えることを命じた。王田とか1井という用語からも明らかなように,これは周代に行われたと伝えられる井田制を理想として復活したものであった(井田法)。しかし,歴史に逆行するこの制度はもともと実施不可能であったうえに,地主や豪族の猛烈な反対にあって,わずか3年で廃止されてしまった。…

※「井田制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone