亜歴青炭(読み)あれきせいたん(英語表記)sub‐bituminous coal

世界大百科事典 第2版の解説

あれきせいたん【亜歴青炭 sub‐bituminous coal】

広義の石炭石炭化度によって4段階(無煙炭歴青炭,亜歴青炭,褐炭)に区分するとき,石炭化度が褐炭に次いで低いものを亜歴青炭という。広義の石炭を石炭化度によって石炭(狭義)と褐炭(広義)に二大別したときは,広義の褐炭に含まれる。釧路炭田常磐炭田炭質は亜歴青炭の範囲に入るが,日本ではこれらも石炭と呼ばれている。亜歴青炭の語が用いられるのは,もっぱら外国炭についてである。亜歴青炭の大資源国はアメリカとロシアで,地質年代としては中生代ジュラ紀と白亜紀のものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

亜歴青炭
アレキセイタン
subbituminous coal

石炭化度褐炭歴青炭の間に位置する石炭.JIS規格では,無水・無灰基準(daf)の発熱量が31~34 MJ kg-1 の石炭をさし,粘結性を示すものとそうでないものを含めるが,国際エネルギー機関(IEA)の統計では,非粘結性の石炭だけを意味する.揮発分が多く発熱量の高い亜歴青炭は,発電用燃料に利用される.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android