交接腕(読み)こうせつわん(英語表記)hectocotylized arm

世界大百科事典 第2版の解説

こうせつわん【交接腕 hectocotylized arm】

軟体動物頭足類の雄の一定の腕が,交接に際し雌に精莢(せいきよう)spermatophore(精包ともいう)を渡す目的のため変形しているものをいう。生殖腕または化茎腕ともいわれる。八腕形類では右第3腕の場合が多く,十腕形類では右または左(または両側)の第4腕の場合が多い。アミダコやカイダコなどでは交接後この腕が切れ,雌の外套腔内に残っていて虫のように動くので,これをG.L.キュビエは寄生虫と思いヘクトコチルス(百疣虫(ひやくいぼちゆう))と名づけたところから現在も交接腕はそう呼ばれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交接腕
こうせつわん
hectocotylus

軟体動物門頭足綱に属するイカタコ類の雄が、生殖に際して雌に精莢(せいきょう)を渡すためにもつ、特別の形態に変化した1本または2本の腕のことで、化茎腕ともいう。種によって、変形する腕と変形の形式は一定である。たとえばヤリイカでは左第4腕の先端2分の1ほどの吸盤が欠落して肉嘴(にくし)状に変わっている。アミダコの交接腕は、精莢を雌に渡すとき雄の体から切れて雌の体内に残る。これを最初に発見したフランスの博物学者キュビエが、これを寄生虫と思いヘクトコチルス(百疣(ひゃくいぼ)虫)と名づけたところから、以後その名でよばれている。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうせつ‐わん カウセツ‥【交接腕】

〘名〙 タコ、イカなど頭足類の雄が交接をする時に用いる腕。生殖期になると精子の入った精莢が陰茎を通って外套腔(がいとうこう)内に出る。これを特定の腕の先端につけ、雌の外套腔内に入れて交接を行なう。生殖腕。化茎腕。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の交接腕の言及

【交尾】より

…雌雄同体のものではこの両者を備え,さらに受精囊へ直接通じる交尾孔が開口しているものもある。頭足類では,ふつう腕の1本が変形して交接腕となり,貯精囊の中で作られる精子を入れた精包を雌の外套腔(がいとうこう)内に移し入れる。そのとき腕の一部も切れて精包を保持するものもある。…

【タコ(蛸∥章魚)】より

…腕の環の中央には俗に〈からすとんび〉といわれる大きくて鋭い顎板(がくばん)からなる口器があり,口腔内には歯舌(しぜつ)をもつ。
[生態]
 タコはすべて雌雄異体で,雄は右または種によっては左の第3腕が,精莢(せいきよう)(精子を包むふくろ)を雌の外套腔に挿入する役をする交接腕に変形していて,先端は舌状ないしは葉状になっていて,対の腕より短いのがふつうである。アミダコ科やフネダコ科では雄は雌の1/20くらいの大きさしかない矮小雄(わいしようゆう)であるが,交接腕は長大で,先端がむち状になっており,精莢を渡すための交接に際しては交接腕は切れて雌の体内に残る。…

※「交接腕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android