交点月(読み)こうてんげつ(英語表記)nodical month

デジタル大辞泉の解説

こうてん‐げつ〔カウテン‐〕【交点月】

月が昇交点または降交点を通過してから再び通過するまでの時間。恒星月より短く、27.212221日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

交点月【こうてんげつ】

月が黄道に対する昇交点を通過してから次にまた通過するまでの時間。27.212220日。月の昇交点は約18.6年で地球を1周する周期で後退するので,交点月は近点月恒星月より短い。
→関連項目月(時間)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうてんげつ【交点月 nodical month】

地球のまわりの月の公転運動において,月がその軌道上の昇交点(月が黄道面を南から北に横切る場所)を出発し,軌道を一周して再び昇交点に戻るまでの時間間隔をいう。27.2122200日,あるいは27日5時間5分35.81秒である。月に働く太陽の摂動によって,月の昇交点は6793.460日で地球を一周する周期で後退するために,交点月は恒星月より約2時間半ほど短い。【堀 源一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうてんげつ【交点月】

月が軌道上で、黄道と交わる一つの交点から出て、再び同じ交点に入るまでの時間の平均値。27.21222日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうてん‐げつ カウテン‥【交点月】

〘名〙 月の見かけの位置が、一つの交点を出発して天球を一周し、もとの交点に戻るまでの時間。紀元二〇〇〇年一月一・五日の黄道と春分点に準拠した値は二七・二一二二二一日。こうてんづき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android