コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人の子 ヒトノコ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐の‐こ【人の子】

親から生まれた子としての人。⇔人の親
人として生まれた者。人間。「あの悪人もやはり人の子だった」
子孫。
「―は祖(おや)の名絶たず大君にまつろふものと」〈・四〇九四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひとのこ【人の子 Son of Man】

元来は単純に〈人間〉の言い換え(《詩篇》8:4など)であったが,後期ユダヤ教黙示文学では歴史の終末時に審判のため出現する天的存在を指す術語(《ダニエル書》7:13など)となる。これを背景に新約聖書の福音書ではイエスが自己を〈人の子〉として表示する。これがどこまでイエス自身の実際の自己理解を反映するものか論争されている。2世紀以後の古代教会では再び意味が変移し,〈神の子〉イエスが同時に〈真に人間〉であることを表現する呼称となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひとのこ【人の子】

人間として生まれた者。人間。人。 「あいつも-、子供はかわいいとみえる」
子たる者。子供。 ↔ 人の親
他人の子。
子孫。 「 -は祖おやの名絶たず/万葉集 4094
他人の愛している人。特に、人妻などをいう。 「 -故に恋ひ渡るかも/万葉集 3017
主として福音書でイエスが自称したとされている称号。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人の子の関連情報