人の子(読み)ひとのこ

精選版 日本国語大辞典「人の子」の解説

ひと【人】 の 子(こ)

① 人たるものの子。人倫にのっとった存在としての子。また、人間を、小ささや若さの面から見ていう語。人。⇔人の親
※万葉(8C後)一六・三七九九「豈(あに)もあらじ己が身のから人子(ひとのこ)の言も尽さじ我れも依りなむ」
※枕(10C終)一一九「孝ある人の子」
② 子孫。
※万葉(8C後)一八・四〇九四「人子(ひとのこ)は 祖(おや)の名絶たず 大君に 奉仕(まつろ)ふものと」
③ 他人の子。他人の愛児。
※栄花(1028‐92頃)衣の珠「ひとのこにて見んに、羨しくも持たらまほしかるべき子なりや」
④ まだ親がかりの娘。また、他人の妻となった女性。
※万葉(8C後)二・一二二「大船の泊つる泊りのたゆたひに物思ひ痩せぬ人能児(ひとノこ)ゆゑに」
⑤ 新約聖書の福音書で、イエス‐キリストが、みずからをさすのに用いた表現。
※引照新約全書(1880)馬太伝福音書「狐は穴あり天空の鳥は巣あり然ど人の子は枕する所なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人の子」の解説

ひと‐の‐こ【人の子】

親から生まれた子としての人。⇔人の親
人として生まれた者。人間。「あの悪人もやはり人の子だった」
子孫。
「―は祖(おや)の名絶たず大君にまつろふものと」〈・四〇九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「人の子」の解説

ひとのこ【人の子 Son of Man】

元来は単純に〈人間〉の言い換え(《詩篇》8:4など)であったが,後期ユダヤ教の黙示文学では歴史の終末時に審判のため出現する天的存在を指す術語(《ダニエル書》7:13など)となる。これを背景に新約聖書の福音書ではイエスが自己を〈人の子〉として表示する。これがどこまでイエス自身の実際の自己理解を反映するものか論争されている。2世紀以後の古代教会では再び意味が変移し,〈神の子〉イエスが同時に〈真に人間〉であることを表現する呼称となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android