コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人の子 ヒトノコ

3件 の用語解説(人の子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひと‐の‐こ【人の子】

親から生まれた子としての人。⇔人の親
人として生まれた者。人間。「あの悪人もやはり人の子だった」
子孫。
「―は祖(おや)の名絶たず大君にまつろふものと」〈・四〇九四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひとのこ【人の子 Son of Man】

元来は単純に〈人間〉の言い換え(《詩篇》8:4など)であったが,後期ユダヤ教黙示文学では歴史の終末時に審判のため出現する天的存在を指す術語(《ダニエル書》7:13など)となる。これを背景に新約聖書の福音書ではイエスが自己を〈人の子〉として表示する。これがどこまでイエス自身の実際の自己理解を反映するものか論争されている。2世紀以後の古代教会では再び意味が変移し,〈神の子〉イエスが同時に〈真に人間〉であることを表現する呼称となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひとのこ【人の子】

人間として生まれた者。人間。人。 「あいつも-、子供はかわいいとみえる」
子たる者。子供。 ↔ 人の親
他人の子。
子孫。 「 -は祖おやの名絶たず/万葉集 4094
他人の愛している人。特に、人妻などをいう。 「 -故に恋ひ渡るかも/万葉集 3017
主として福音書でイエスが自称したとされている称号。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人の子の関連キーワードおめでた婚お急ぎ婚ママリッジ授かり婚言い換え・言い替え・言換え・言替え言い換える・言い替える・言換える・言替える言換え言換える敵性語あたりめ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人の子の関連情報