コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人口静態 ジンコウセイタイ

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐せいたい【人口静態】

ある一定時点における、人口の大きさ・構造分布などの状態。静態人口。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

人口静態【じんこうせいたい】

絶えず変化していく人口の大きさや構成(人口動態)を,特定の瞬間で静態的にとらえた場合の人口現象。総数,分布,性別,年齢別などの自然的標識,国籍,配偶関係,職業,教育程度などの社会的・経済的・文化的標識によりとらえられる。
→関連項目人口統計

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

流通用語辞典の解説

人口静態

人口やその基本属性を、特定の時点でとらえた結果のこと。人口静態についてのデータを収集するために人口調査が行なわれており、その最大のものは、5年ごとに行なわれる国勢調査である。人口静態統計は、調査人口、推計人口、夜間人口、昼間人口、常住地人口、従業地人口、出生地人口などに分けられる。この静態人口は、市場の規模を推計する基本的な数値である。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

じんこうせいたい【人口静態】

ある一定時点でとらえた人口の状態。昼間人口・夜間人口・年齢別人口などはこれにあたる。静態人口。 ↔ 人口動態

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の人口静態の言及

【人口調査】より

…人口調査は人口静態(人口動態)調査の一つの方法である。人口集団の特定の時点における状態を調査する方法は,この人口調査のほかに登録人口調査や推計がある。…

【人口動態】より

…したがって,たとえば日本の人口動態統計では,出生,死亡(乳児死亡を含む),死産,周産期死亡,婚姻,離婚に限定されている。人口動態統計は,ある期間に発生したものをまとめたものであるが,これに対するものに人口静態統計がある。国勢調査結果の統計表がその代表的なものであるが,ある時点における人口の状態(人口静態),すなわち人口の大きさとか人口の自然的・社会的・経済的構造を示している。…

※「人口静態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人口静態の関連キーワード花房直三郎衛生統計世帯統計センサス生命表

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android