コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庄陸男 ほんじょうむつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本庄陸男
ほんじょうむつお

[生]1905.2.20. 北海道,当別
[没]1939.7.23. 東京
小説家。 1925年青山師範学校卒業。小学校教師となり,28年ナップに参加,30年教員組合運動で免職されてからはプロレタリア文学運動に専念。『北の開墾地』 (1928) を経て『白い壁』 (34) で認められた。代表作は明治初期の北海道開拓団の苦闘を描いた『石狩川』 (38~39) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄陸男 ほんじょう-むつお

1905-1939 昭和時代前期の小説家。
明治38年2月20日生まれ。小学校教員のかたわら,昭和2年前衛芸術家同盟に参加。5年教員組合事件で免職,のちプロレタリア文学活動に専心し,9年「白い壁」を発表。雑誌「現実」「人民文庫」の創刊に参画。昭和14年7月23日死去。35歳。北海道出身。青山師範卒。著作はほかに長編「石狩川」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほんじょうむつお【本庄陸男】

1905‐39(明治38‐昭和14)
作家。北海道石狩郡当別町生れ。父は佐賀藩士だったが開拓農民として渡道,さらにオホーツク海近い北見渚滑(しよこつ)に再移住。同地の小学校を卒業し代用教員や樺太での職工生活を経て上京,青山師範卒。教員生活中にプロレタリア芸術運動に参加,《資本主義下の小学校》(1928)を書き,教員組合事件で職を追われてのちは日本プロレタリア作家同盟の縁の下の力持ちとして活躍。1934年,作家同盟解散後,《白い壁》(1934)で注目され,《現実》《人民文庫》の主力として《女の子男の子》《橋梁》(以上1936)を書き,《石狩は懐く》(1938)を経て大作《石狩川》(1939)を肺結核とたたかいつつ死と引換えに書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本庄陸男
ほんじょうむつお
(1905―1939)

小説家。北海道生まれ。佐賀県出身の士族の父は1895年(明治28)北海道に渡って開拓農民となった。青山師範卒業後、小学校教員を勤めるかたわら、同人雑誌に小説を発表。ナップの作家同盟員として童話や教育評論に健筆を振るった。1934年(昭和9)4月『現実』に参加、36年、第二次『現実』、『人民文庫』にも参加する。教職経験に基づいた『白い壁』(1934)で注目を浴び、ほかに亡妻ものや農民の生活を描いたものなどがある。38年6月『槐(えんじゅ)』創刊に参加し、歴史長編小説『石狩川』(1939~40)を連載、好評を得たが肺結核のため早逝した。単行本に『白い壁』(1935)、『女の子男の子』(1940)、『石狩は懐く』(1939)、『本庄陸男遺稿集』(1964)、『橋梁(きょうりょう)』(1968)などがある。[遠矢龍之介]
『『日本現代文学全集89』(1968・講談社) ▽『白い壁・橋梁』(新日本出版社・新日本文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本庄陸男の言及

【石狩川】より

本庄陸男(むつお)の長編小説。1939年(昭和14)刊。…

※「本庄陸男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本庄陸男の関連キーワード石狩川(本庄陸男の小説)当別(町)深川(市)当別[町]歴史小説農民文学上田唯郎転向文学舎弟

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android