仁科 芳雄(読み)ニシナ ヨシオ

20世紀日本人名事典の解説

仁科 芳雄
ニシナ ヨシオ

大正・昭和期の原子物理学者 理化学研究所所長。



生年
明治23(1890)年12月6日

没年
昭和26(1951)年1月10日

出生地
岡山県浅口郡里庄町

学歴〔年〕
東京帝大工科大学電気工学科〔大正7年〕卒,東京帝大大学院物理学専攻修了

学位〔年〕
理学博士〔昭和5年〕

主な受賞名〔年〕
朝日文化賞〔昭和19年〕「元素の人工変換および宇宙線の研究」,文化勲章〔昭和21年〕

経歴
大正10年理科学研究所に入所。同年ヨーロッパに留学し、ケンブリッジ大キャベンディッシュ研究所のラザフォード教授、また12年からコペンハーゲン大理論物理学研究所教授ニールス・ボーアの下で研究を行い、昭和3年X線の自由電子による散乱断面積を計算する“クライン=仁科の公式”を発表。同年帰国後、理研の長岡研究室に入る。6年理研内に仁科研究室を創設し、朝永振一郎、湯川秀樹ら量子力学、原子核、宇宙線研究者を育てた。12年小サイクロトロン完成、14年核分裂を追試、18年熱拡散法によるウラン濃縮の研究を開始。19年大サイクロトロンの加速に成功し、1600万ボルトの重陽子を得る。戦後は、21年理研所長を経て、23年理研を改組した株式会社科学研究所の社長に就任。24年には日本学術会議初代副会長を務めた。戦後荒廃した研究室の復興と科学の国際交流にも大きな役割を果たした。“クライン=仁科の公式”や“ミュー中間子”の発見(12年)は世界的にも有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

仁科 芳雄 (にしな よしお)

生年月日:1890年12月6日
大正時代;昭和時代の原子物理学者。理化学研究所所長;科学研究所社長
1951年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁科 芳雄の関連情報