コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明科 あかしな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明科
あかしな

長野県西部,安曇野市北東部の旧町域。松本盆地の中央部に位置する。 1955年中川手村と東川手村が合体して町制。 1956年七貴村と合体。 1957年陸郷村の一部を編入。 2005年豊科町,穂高町,三郷村,堀金村の2町2村と合体して安曇野市となった。中心集落は,高瀬川犀川に合流する扇状地の末端にあり,江戸時代には犀川舟運の起点として繁栄した。湧き水が豊富で,大規模なニジマス養殖場があり,またワサビ栽培も行なわれる。 1995年には南部の長峰山に,オートキャンプ場天文台を備えた施設が開設され,観光に力を入れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明科
あかしな

長野県中部、東筑摩(ちくま)郡にあった旧町名(明科町(まち))。現在は安曇野(あづみの)市の東部を占める。旧明科町は1955年(昭和30)東川手、中川手2村が合併して町制施行。1956年七貴(ななき)村と合併。2005年(平成17)南安曇(みなみあずみ)郡豊科(とよしな)町、穂高(ほたか)町、三郷(みさと)村、堀金(ほりがね)村と合併して市制施行、安曇野市となった。旧明科町域は松本盆地にあり、中心部は、JR篠ノ井(しののい)線明科駅前の商店街で、ここはJRと、県内の幹線国道19号が通るほかに、北方の大町市や安曇野(あずみの)への玄関口にもあたる。近世は犀(さい)川通運の河港でもあった。県内の大河川である高瀬、梓(あずさ)の両川のほか、小河川もすべてここで合流するので、豊かな地下水に恵まれ、それを利用したニジマスの養殖は日本三大養殖地の一つとして知られ、長野県水産試験場がある。ワサビやマスの粕(かす)漬けが名産。また、安曇野市保養センター長峰荘もある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

明科の関連情報