コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁風 ジンプウ

デジタル大辞泉の解説

じん‐ぷう【仁風】

仁徳による教化。
「―率土(そつど)に覆ひ」〈盛衰記・二五〉
《晋の袁宏が扇を贈られて「まさに仁風を奉揚し、彼の黎庶を慰むべし」と答えたという、「晋書」文苑伝の故事から》のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

じんぷう【仁風】

沖縄の泡盛。酒名は、人と人の間に吹くやさしい風のような酒になることを願い命名。中留だけを取り出して造る一般酒。原料はタイ米黒麹。アルコール度数30%。蔵元の「忠孝酒造」は昭和24年(1949)創業。所在地は豊見城市字名嘉地。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じんぷう【仁風】

仁徳による教化。
〔晋の袁宏が餞はなむけとして扇を贈られて「当揚仁風、慰彼黎庶」と答えたという、「晋書文苑伝」の故事から〕 扇の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仁風の関連キーワード鳥取県鳥取市東町鳥取県立博物館日本年号一覧安座間 澄子佐藤蛾次郎鳥取(市)久松公園カルテル仁風一覧江界そつ黎庶教化率土異名仁徳

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仁風の関連情報