コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今世 コンセ

デジタル大辞泉の解説

こん‐せ【今世】

《「こんぜ」とも》のこの世。現世(げんせ)。こんせい。

こん‐せい【今世】

こんせ(今世)」に同じ。
「―の人にても碁将棋に凝る者が睡眠の中に妙手を案じ出すことあり」〈福沢福翁百話

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんぜ【今世】

〔「こんせ」とも〕
〘仏〙(後世・来世に対して)この世。現世。

こんせい【今世】

今の時代。現代。きんせい。 「数千百年の古を語て、-の人を諭さんとするも/文明論之概略 諭吉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今世の関連キーワードルードルフ・アレクサンダー シュレーダースタンリー・エドガー ハイマンアメリカ横断ウルトラクイズドロシ・リー セイヤーズオウム真理教と波野村レオポルド スタフバラトゥインスキーブラウエ・ライターゴルドバッハの予想IPCC作業部会IPCCと報告書ポール フォシェ塩瀬まんじゅうO. ドゥーンユビキタス社会温暖化への適応原水爆禁止運動ブッパータールジョン ミリJ. モヌロ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今世の関連情報