コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今富荘 いまとみのしょう

百科事典マイペディアの解説

今富荘【いまとみのしょう】

若狭国の荘園で,中心部は現福井県小浜(おばま)市内であった。本来は遠敷(おにゅう)を中心に三方(みかた)郡・大飯(おおい)郡にも散在していた国衙(こくが)税所(さいしょ)の別名(べちみょう)で,史料には税所今富名とみえることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いまとみのしょう【今富荘】

若狭国の荘園。中心部は現,福井県小浜市内。本来は国衙税所(さいしよ)の別名(べちみよう)で,税所今富名と呼ばれた。1265年(文永2)3月の遠敷(おにゆう)郡中手西・同東両郷の検田取帳案に名称が載るのが史料上の初見。同年11月の若狭国惣田数帳写によれば,田数55町100歩にのぼり,このうち富田郷の37町5反120歩を中心に,志万・中手西・同東の遠敷郡内諸郷に計51町280歩が散在,残余は三方(みかた)・大飯(おおい)両郡に属した(以上東寺百合文書)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の今富荘の言及

【小浜[市]】より

…1265年(文永2)3月の若狭中手西郷検田取帳案の朱注や,同11月の若狭国惣田数帳写に記されているのが地名の早い所見(東寺百合文書)。中世の小浜は,国衙税所(さいしよ)領今富名(いまとみみよう)(今富荘)に属し,この名は若狭守護が伝領して,ここを支配の拠点としたところから,一国の政治・文化の中心となり,重要港湾として経済的発達も著しかった。鎌倉期には,初期の津々見氏のあと北条氏嫡流(得宗)が守護職を相伝,南北朝期にはしばしば守護が交替したが,1366年(正平21∥貞治5)以後は,一色氏が4代にわたって守護となる。…

※「今富荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今富荘の関連キーワード国衙・国府小浜[市]明徳記国富荘得宗

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android