コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大飯 おおい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大飯
おおい

福井県南西部,おおい町北部の旧町域。小浜湾の西に突出する大島半島の大部分と,佐分利川流域一帯を占める。 1955年本郷村,佐分利村,大島村の3村が合体,大町として町制施行。 2006年名田庄村と合体して,おおい町となった。地名は古代の郡名に由来。中心地区は海岸部の本郷。林業が行なわれ,マツタケ,クリ,シイタケを産する。青戸の入江では真珠の養殖が盛ん。大島半島は海路の便に頼っていたが,半島の先端に関西電力大飯原子力発電所が設立されたのを機に青戸の大橋がかけられ,道路が開通した。江戸時代に築かれた小浜藩台場の松ヶ瀬台場跡,鋸崎台場跡は国指定史跡。長楽寺,清雲寺などの古刹があり,半島北岸は若狭湾国定公園に属する。作家水上勉設立の若州一滴文庫がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐めし〔おほ‐〕【大飯】

多量の飯。多量の食事

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおめし【大飯】

多量の飯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大飯
おおい

福井県西部、大飯郡にあった旧町名(大飯町(ちょう))。現在は大飯郡おおい町(ちょう)の北西部を占める地域。小浜市の西に隣接し、若狭湾に面する。旧大飯町は1955年(昭和30)本郷(ほんごう)、佐分利(さぶり)、大島の3村が合併して町制施行。2006年(平成18)遠敷(おにゅう)郡名田庄(なたしょう)村と合併して大飯郡おおい町となる。JR小浜線と国道27号、舞鶴若狭自動車道が通じる。佐分利川の流域と、大島半島の大部分からなり、前者がおもな生活の舞台で、旧町中心の本郷は佐分利川河口に位置する。佐分利川の流域は米作農村だが、近年町ぐるみでシイタケをはじめとするきのこ類と梅の栽培に力を入れてきた。大島半島は平地に恵まれず、半漁半農の村が散在し、かつては道のない陸の孤島であった。そのため民俗学的に注目されるものも多く、なかでも古代信仰の原形とされる「ニソの杜(もり)」とよばれる森が約30残っている。半島の先端の鋸崎(のこぎりざき)近くに大飯原子力発電所がある。また半島東端の赤礁崎(あかぐりざき)にはオートキャンプ場、海釣り公園がある。青戸入江には真珠の養殖場がある。気候はとくに温暖でビワが自生し、常緑広葉樹林が茂る。佐分利川流域南北の分水界は低く、北の高浜町、南の旧名田庄村へいくつかの峠道がある。とくに石山坂峠を名田庄へ、さらに堀越(ほりこし)峠を越える道は若狭湾岸と京都を結ぶ最短路の一つである。文化財では大島半島に長楽寺の阿弥陀如来(あみだにょらい)坐像、多聞天(たもんてん)立像、清雲(せいうん)寺の毘沙門天(びしゃもんてん)立像、善師童子(ぜんにしどうじ)立像、吉祥天(きっしょうてん)立像、常禅(じょうぜん)寺の不動明王坐像などがあり、いずれも国指定重要文化財である。[島田正彦]
『『郷土史大飯』(1977・大飯町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大飯の関連キーワード福井県大飯郡おおい町名田庄挙原福井県大飯郡おおい町名田庄挙野福井県大飯郡高浜町紫水ケ丘福井県大飯郡おおい町万願寺福井県大飯郡高浜町横津海福井県大飯郡おおい町広岡福井県大飯郡高浜町中津海福井県大飯郡高浜町上車持福井県大飯郡高浜町田ノ浦福井県大飯郡おおい町本郷福井県大飯郡高浜町小和田福井県大飯郡おおい町三森福井県大飯郡おおい町久保福井県大飯郡おおい町父子福井県大飯郡おおい町川上福井県大飯郡おおい町尾内福井県大飯郡おおい町石山福井県大飯郡おおい町犬見福井県大飯郡高浜町小黒飯福井県大飯郡高浜町神野浦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大飯の関連情報