コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲斐犬 カイイヌ

世界大百科事典 第2版の解説

かいいぬ【甲斐犬】

原産地が山梨県の獣猟犬。山岳に囲まれた甲斐の国で純粋性が伝えられた日本中部地域の唯一の日本犬である。南アルプス山麓,中巨摩(なかこま)郡芦安村,南巨摩郡早川町西山あたりが発祥地といわれる。被毛がすべて虎毛であることが特徴で,甲斐虎と呼ばれる。容姿は素朴であるが,強靱な筋肉質で,シカ,イノシシ猟には不可欠の猟犬として珍重され,古くはタカ(鷹)犬としても活躍したと伝えられる。1933年他の中型日本犬に先がけて天然記念物に指定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいいぬ【甲斐犬】

イヌの一品種。山梨県(甲斐国)原産。体高45~55センチメートル。硬めでまっすぐな上毛と綿状の下毛をもつ。猟犬として用いられる。天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲斐犬
かいけん

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、日本の在来犬。山梨県原産で、毛色が虎毛(とらげ)であることが大きな特徴であり、毛色により黒虎毛、中虎毛、赤虎毛に分けられる。古来山岳地方で獣猟犬として用いられ、動作は敏捷(びんしょう)、感覚も鋭敏である。体形は他の日本犬に類似するが、鹿犬(しかいぬ)型、猪犬(ししいぬ)型の2タイプがある。立ち耳で、尾は差し尾か巻き尾。体高は約40~51センチメートル。柴犬(しばいぬ)よりやや大きく、中形犬としてはやや小さい。1934年(昭和9)に国の天然記念物に指定され保存が図られた。最近は毛色や動作に野生みが強く感じられることから、一般家庭犬として人気がある。[小林君男・増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甲斐犬の関連キーワード南アルプス市やはたいぬヴァンくん増井光子原産地上毛下毛

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲斐犬の関連情報