コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕立収穫法 したてしゅうかくほう

世界大百科事典 第2版の解説

したてしゅうかくほう【仕立収穫法】

仕立法と収穫法のことで,クワ樹形を管理しその葉を収穫する方法をいう。
仕立法
 クワは高木性であるが,収穫を容易にし,毎年均一な収穫量をうるためには,樹形を一定の形にととのえ,多くのを発生させる必要がある。このための方法を仕立てと呼んでいるが,仕立法には一定の高さで毎年枝を切り戻し,株にこぶし状に肥大した拳(けん)をつくる拳式仕立てと,枝を切り戻すときに一定の長さの枝を残して切り,拳をつくらない無拳式仕立てとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android