仕立収穫法(読み)したてしゅうかくほう

世界大百科事典 第2版の解説

したてしゅうかくほう【仕立収穫法】

立法収穫法のことで,クワ樹形を管理しその収穫する方法をいう。
[仕立法]
 クワは高木性であるが,収穫を容易にし,毎年均一な収穫量をうるためには,樹形を一定の形にととのえ,多くのを発生させる必要がある。このための方法を仕立てと呼んでいるが,仕立法には一定の高さで毎年枝を切り戻し,にこぶし状に肥大したけん)をつくる拳式仕立てと,枝を切り戻すときに一定の長さの枝を残して切り,拳をつくらない無拳式仕立てとがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android