コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕立収穫法 したてしゅうかくほう

1件 の用語解説(仕立収穫法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

したてしゅうかくほう【仕立収穫法】

仕立法と収穫法のことで,クワの樹形を管理しその葉を収穫する方法をいう。
[仕立法]
 クワは高木性であるが,収穫を容易にし,毎年均一な収穫量をうるためには,樹形を一定の形にととのえ,多くの枝を発生させる必要がある。このための方法を仕立てと呼んでいるが,仕立法には一定の高さで毎年枝を切り戻し,株にこぶし状に肥大した拳(けん)をつくる拳式仕立てと,枝を切り戻すときに一定の長さの枝を残して切り,拳をつくらない無拳式仕立てとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仕立収穫法の関連キーワード収穫戦略目標管理桑の実色鵜川の小鮎貝塚伊吹額仕立て桑の箸分別管理償却方法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone