コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台白菜

デジタル大辞泉プラスの解説

仙台白菜

宮城県仙台市で生産されるハクサイ。大正時代に宮城県農学校の教師、沼倉吉兵衛氏が、中国から持ち込まれた白菜をもとに育成。「松島白菜」の名で呼ばれたが、その後品種改良を加えつつ生産を拡大し、「仙台白菜」として全国に流通。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

仙台白菜[葉茎菜類]
せんだいはくさい

東北地方、宮城県地域ブランド
仙台の伝統野菜明治時代に中国から種子を導入し、白菜の原型の一つである松島白菜が育成された。その後、新たな白菜が育成され、大正時代末期には東京・横浜方面へ出荷。昭和の初期には仙台白菜として全国的に有名になったが、傷みやすいことなどの理由で、現在は栽培されていない。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

仙台白菜の関連キーワード渡辺 頴二東北地方渡辺頴二

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙台白菜の関連情報