擬古(読み)ぎこ

精選版 日本国語大辞典「擬古」の解説

ぎ‐こ【擬古】

〘名〙 昔の風習や方法などになぞらえて、そのまねをすること。特に文で、古体になぞらえて作ること。中国、の陶潜や陸機に「擬古」と題する詩がある。
万葉(8C後)四・五三〇・左注「右今案此歌擬古之作也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「擬古」の解説

ぎ‐こ【擬古】

昔の風習・様式などをまねること。特に詩文で、古体になぞらえて作ること。
[類語]模造偽造偽作贋作贋造代作変造複製作り物偽物紛い物食わせ物如何様いかさまコピーイミテーションレプリカフェイク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「擬古」の解説

【擬古】ぎこ

古人の作意作風に模して詩文を作る。〔捫蝨新話、下三〕(文章擬古)擬古の詩は、盡(ことごと)く似するよりもし。

字通「擬」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android