コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

令法 リョウブ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐ぶ〔リヤウ‐〕【法】

リョウブ科の落葉高木。山野に生え、樹皮はまだらにはげ、滑らか。葉は長楕円形で縁にぎざぎざがある。6~8月、白色の小花を総状につけ、実は褐色。若葉は古くから食用とされ、ゆでて飯にまぜ令飯(りょうぶめし)を作る。材は床柱・器具や薪炭用。はたつもり。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうぶ【令法】

リョウブ科の落葉小高木。山地に生え、庭木ともされる。樹皮は黄褐色で滑らか。葉は狭長楕円形で枝先に輪状に互生する。夏、枝頂の花穂に白色の小花を密生。材は床柱や器具とする。若葉はあく抜きして食用とする。古名、畑はたつ守り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

令法 (リョウブ・リョウボウ)

学名:Clethra barbinervis
植物。リョウブ科の落葉小高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

令法の関連キーワードノリス=ラ・ガーディア法ノリス=ラガーディア法インド・ヨーロッパ語族引廻し(引回し)サンスクリット語墾田永年私財法戸(律令制度)エストニア語裁判至要抄法(言語)スペイン語浄御原律令删定律令坂上明兼大宝律令薗田守良ロシア語改定律例仮定法治罪法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android