コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東三郎 いとう さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東三郎 いとう-さぶろう

1902-1969 大正-昭和時代の農民運動家,エスペラント運動家。
明治35年11月16日生まれ。大正14年エスペラント青年同盟を結成。昭和5年共産党にはいり農民運動を指導し,治安維持法違反で2度入獄。戦後はエスペラント運動に専念した。昭和44年3月7日死去。66歳。岡山県出身。大阪外国語学校(現大阪外大)中退。本名は宮崎巌。旧姓は磯崎。筆名はほかに伊井迂(イーウ)。著作に「日本エスペラント学事始」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東三郎
いとうさぶろう
(1902―1969)

エスペランチスト、農民運動家。岡山県生まれ。本名磯崎(いそざき)(宮崎)巌(いわお)。早くからエスペラント語に親しみ、大阪外国語大学中退後、1928年(昭和3)国際文化研究所設立に参加。30年から全農戦闘化協議会の機関誌『農民闘争』の編集にあたる。31年の全農分裂の際は全農全国会議派の組織化を指導、翌年逮捕され36年保釈出獄、40年に再検挙された。戦後は日本共産党熊本県委員会で一時活動するが、おもにエスペラント教育活動に従事した。[赤澤史朗]
『渋谷定輔・埴谷雄高・守屋典郎編『伊東三郎――高くたかく遠くの方へ』(1974・土筆社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伊東三郎の関連キーワードくろうまブランキー渋谷定輔

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android