コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東三郎 いとう さぶろう

2件 の用語解説(伊東三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東三郎 いとう-さぶろう

1902-1969 大正-昭和時代の農民運動家,エスペラント運動家。
明治35年11月16日生まれ。大正14年エスペラント青年同盟を結成。昭和5年共産党にはいり農民運動を指導し,治安維持法違反で2度入獄。戦後はエスペラント運動に専念した。昭和44年3月7日死去。66歳。岡山県出身。大阪外国語学校(現大阪外大)中退。本名は宮崎巌。旧姓は磯崎。筆名はほかに伊井迂(イーウ)。著作に「日本エスペラント学事始」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊東三郎
いとうさぶろう
(1902―1969)

エスペランチスト、農民運動家。岡山県生まれ。本名磯崎(いそざき)(宮崎)巌(いわお)。早くからエスペラント語に親しみ、大阪外国語大学中退後、1928年(昭和3)国際文化研究所設立に参加。30年から全農戦闘化協議会の機関誌『農民闘争』の編集にあたる。31年の全農分裂の際は全農全国会議派の組織化を指導、翌年逮捕され36年保釈出獄、40年に再検挙された。戦後は日本共産党熊本県委員会で一時活動するが、おもにエスペラント教育活動に従事した。[赤澤史朗]
『渋谷定輔・埴谷雄高・守屋典郎編『伊東三郎――高くたかく遠くの方へ』(1974・土筆社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊東三郎の関連キーワード池端勘七稲富稜人犬田卯川瀬新蔵田辺納寺嶋宗一郎冨吉栄二羽原正一平工喜一森英吉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone