コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渋谷定輔 しぶや ていすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渋谷定輔 しぶや-ていすけ

1905-1989 大正-昭和時代の詩人,農民運動家。
明治38年10月12日生まれ。妻は渋谷黎子(れいこ)。郷里の埼玉県で農業のかたわら,詩や生活記録をかく。大正14年下中弥三郎らと農民自治会を組織し,「自治農民」の編集にあたる。のち全農全国会議などに参加。戦後は市民運動で活躍した。昭和64年1月3日死去。83歳。詩集に「野良に叫ぶ」,著作に「農民哀史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渋谷定輔
しぶやていすけ
(1905―1989)

詩人、農民運動家。埼玉県南畑(なんばた)村(富士見市)生まれ。自・小作農の長男で、13、14歳のころ大杉栄(さかえ)の論集や石川啄木(たくぼく)の詩歌集などに接して影響を受ける。1922~24年(大正11~13)、県下きっての大地主に勝利した南畑小作争議に参加した。25年、中西伊之助らと農民自治会を創立。26年、詩集『野良(のら)に叫ぶ』を刊行。29年(昭和4)全国農民組合に参加、埼玉県連書記長、のち中央委員となり、30年には布施辰治(ふせたつじ)、伊東三郎、般若豊(はんにゃゆたか)(埴谷雄高(はにやゆたか))らと全農左派の機関誌『農民闘争』を創刊した。37年、埼玉人民戦線事件に連なって逮捕され、4年の実刑を受ける。戦後は日本農民文学会結成に参画。大正末年の生活記録『農民哀史』、評論集『大地に刻む』、実践報告『農民哀史から六十年』を刊行。82年(昭和57)から思想の科学研究会会長。[高橋春雄]
『『定本野良に叫ぶ』(1964・平凡社) ▽『農民哀史』(1970・勁草書房) ▽安田常雄著『出会いの思想史――渋谷定輔論』(1981・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渋谷定輔の関連キーワードシェフチェンコ(Taras Grigor'evich Shevchenko)渋谷 黎子伊東三郎昭和時代詩人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android