コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊自良 いじら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊自良
いじら

岐阜県南西部,岐阜市北方の地域。旧村名。長良川支流伊自良川の上流域にある。 1955年下伊自良村と上伊自良村が合体して発足。 2003年に高富町,美山町と合併して山県市となった。河川は村内を伏流して流れるため,水田は少なかったが,伊自良川上流に伊自良湖がつくられ,米作をはじめ農業生産が増加した。家具などの木工業のほか畜産も行なわれる。伊自良湖周辺にはキャンプ場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊自良
いじら

岐阜県南西部、山県(やまがた)郡にあった旧村名(伊自良村(むら))。現在は山県市の南西部を占める一地区。1955年(昭和30)上伊自良、下伊自良2村が合併して成立。2003年(平成15)高富(たかとみ)町、美山(みやま)町と合併し、市制施行して山県市となる。旧伊自良村地区は、岐阜市の北方に位置し、長良(ながら)川の支流、伊自良川の上流域にあたる。同川の伏流部の河川改修、水田開拓事業、伊自良湖の築造、土地改良によって、農業基盤が整備された。農業では、養鶏を中心とする畜産、カキ、イチゴの園芸、干し柿(がき)づくりが盛ん。化学肥料や農薬の使用を抑えた「クリーン農業」が行われ、2002年には県から「ふるさとクリーン村」1号の認定を受けている。工業では家具製造がおもなもので、岐阜市方面への通勤者が多い。甘南美(かんなみ)寺や、東光寺は訪れる人が多く、また、伊自良湖畔にはキャンプ場がある。[上島正徳]
『『伊自良誌』(1973・伊自良村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊自良の関連キーワード岐阜県山県市長滝美山(岐阜県)伊自良〈村〉岐阜県山県市伊自良[村]伊自良大実柿古田 紹欽山県(市)美山[町]山県[市]小田氏義雲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊自良の関連情報