コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤小左衛門(5代) いとう こざえもん

2件 の用語解説(伊藤小左衛門(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤小左衛門(5代) いとう-こざえもん

1819*-1879 幕末-明治時代の実業家。
文政元年12月18日生まれ。伊勢(いせ)室山村(三重県四日市市)で家業の味噌(みそ)・醤油(しょうゆ)醸造業をいとなみ,のち酒造業に進出。茶,生糸の将来性に着眼,茶の輸出に成功。明治7年動力機械による製糸工場を創設した。明治12年5月21日死去。62歳。名は尚長。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤小左衛門(5代)

没年:明治12.5.21(1879)
生年:文政1.12.18(1819.1.13)
幕末維新期の企業家。5代伊藤小左衛門尚長。三重県三重郡室山村(四日市市)で代々味噌醸造業を営む豪農の長男。幕末の開港に際し生糸と茶の輸出が有望とみて,文久1(1861)年に茶の輸出で巨利を得,翌年製糸業に乗り出した。創業以来十数年技術が未熟なため損失を重ねたが,富岡製糸場への子女の派遣,同製糸場の器械,技術の模倣と改良,水質の改善などにより,ついに明治11(1878)年パリ万国博で銅牌を得るまでになった。すさまじいまでの企業家精神に富み,また地元の住民のために官に対して臆せず主張する剛毅の人であった。

(桜谷勝美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤小左衛門(5代)の関連キーワード伊藤小左衛門(6代)伊藤小太夫(初代)伊藤小平太伊藤次郎左衛門(12代)伊藤次郎左衛門(13代)伊藤伝七(10代)斎藤小左衛門中野小左衛門(2代)中野小左衛門(3代)宮地正人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone