伊藤明彦(読み)いとう あきひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤明彦 いとう-あきひこ

1936-2009 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,「被爆者の声を記録する会」代表。
昭和11年11月5日生まれ。昭和19年長崎に移住,翌年8歳のとき被爆。35年長崎放送に入る。43年ラジオ番組「被爆を語る」を企画,被爆者の声の取材をはじめる。45年社内の配置転換を機に退社して被爆者の声を記録することに専念し,1000人余の証言を集めた。平成18年CD作品「ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない」を制作して全国の施設に寄贈,同年日本ジャーナリスト会議(JCJ)特別賞。20年吉川英治文化賞。平成21年3月3日死去。72歳。東京都出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊藤明彦の関連情報