コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達得夫 だて とくお

2件 の用語解説(伊達得夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達得夫 だて-とくお

1920-1961 昭和時代後期の出版経営者。
大正9年9月10日朝鮮釜山生まれ。昭和23年書肆(しょし)ユリイカを創業,原口統三の「二十歳のエチュード」を出版。以後「戦後詩人全集」をはじめとする詩集を出版し,詩誌「ユリイカ」を創刊,おおくの現代詩人に活動の場を提供した。昭和36年1月16日死去。40歳。京都帝大卒。著作に「詩人たち」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達得夫
だてとくお
(1920―1961)

編集者。朝鮮釜山(ふざん)に生まれる。京都帝国大学経済学部卒業後、学徒動員令により出征。1948年(昭和23)書肆(しょし)ユリイカを創設。原口統三(とうぞう)(1927―1946)『二十歳のエチュード』を刊行し、以後『戦後詩人全集』『現代詩全集』や戦後詩人の諸詩集、雑誌『ユリイカ』などの良心的出版活動を続け、現代詩の発展に貢献した。遺稿集『ユリイカ抄』(1962)が第1回歴程賞を受賞。『詩人たち』(1974)の著がある。[柳沢孝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊達得夫の関連キーワード井村寿二岩堀喜之助江草重忠小沢和一清水達夫福武哲彦藤井誠治郎水品一郎山本重彦柚登美枝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊達得夫の関連情報