コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達得夫 だて とくお

2件 の用語解説(伊達得夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達得夫 だて-とくお

1920-1961 昭和時代後期の出版経営者。
大正9年9月10日朝鮮釜山生まれ。昭和23年書肆(しょし)ユリイカを創業,原口統三の「二十歳のエチュード」を出版。以後「戦後詩人全集」をはじめとする詩集を出版し,詩誌「ユリイカ」を創刊,おおくの現代詩人に活動の場を提供した。昭和36年1月16日死去。40歳。京都帝大卒。著作に「詩人たち」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達得夫
だてとくお
(1920―1961)

編集者。朝鮮釜山(ふざん)に生まれる。京都帝国大学経済学部卒業後、学徒動員令により出征。1948年(昭和23)書肆(しょし)ユリイカを創設。原口統三(とうぞう)(1927―1946)『二十歳のエチュード』を刊行し、以後『戦後詩人全集』『現代詩全集』や戦後詩人の諸詩集、雑誌『ユリイカ』などの良心的出版活動を続け、現代詩の発展に貢献した。遺稿集『ユリイカ抄』(1962)が第1回歴程賞を受賞。『詩人たち』(1974)の著がある。[柳沢孝子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伊達得夫の関連キーワード朝鮮映画フルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽小作争議変成相弘田三枝子倍賞千恵子砂川啓介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊達得夫の関連情報