コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達得夫(読み)だて とくお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達得夫 だて-とくお

1920-1961 昭和時代後期の出版経営者。
大正9年9月10日朝鮮釜山生まれ。昭和23年書肆(しょし)ユリイカを創業,原口統三の「二十歳のエチュード」を出版。以後「戦後詩人全集」をはじめとする詩集を出版し,詩誌「ユリイカ」を創刊,おおくの現代詩人に活動の場を提供した。昭和36年1月16日死去。40歳。京都帝大卒。著作に「詩人たち」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊達得夫
だてとくお
(1920―1961)

編集者。朝鮮釜山(ふざん)に生まれる。京都帝国大学経済学部卒業後、学徒動員令により出征。1948年(昭和23)書肆(しょし)ユリイカを創設。原口統三(とうぞう)(1927―1946)『二十歳のエチュード』を刊行し、以後『戦後詩人全集』『現代詩全集』や戦後詩人の諸詩集、雑誌『ユリイカ』などの良心的出版活動を続け、現代詩の発展に貢献した。遺稿集『ユリイカ抄』(1962)が第1回歴程賞を受賞。『詩人たち』(1974)の著がある。[柳沢孝子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android