コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達林右衛門(3代) だて りんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達林右衛門(3代) だて-りんえもん

?-1872 江戸時代後期の商人,漁業家。
初代の子あるいは孫ともいう。天保(てんぽう)13年8代栖原(すはら)角兵衛蝦夷(えぞ)地(北海道)択捉(えとろふ)島の場所請負人となる。また浜益,増毛(ましけ)の漁場をひらいた。安政元年初代以来の功により永世松前藩士に列し,勘定奉行となり,翁記を名のった。明治5年1月15日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊達林右衛門(3代)の関連キーワード商人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android