コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜益 はまます

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜益
はまます

北海道中西部,石狩市北部の旧村域。石狩湾に面する。 1902年村制。 1907年黄金村と合体。 2005年石狩市に編入。地名はアイヌ語アママシュケ (穀物を携えるの意) に由来。増毛山地が大部分を占め,畜産とアワビ,カレイ,イカなどの沿岸漁業が主産業。庄内藩ハママシケ陣屋跡があり,国の史跡に指定されている。北端に雄冬岬の絶景があり,北東部は暑寒別岳の南西麓を占め,暑寒別天売焼尻国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜益
はまます

北海道中西部、石狩(いしかり)支庁(現石狩振興局)管内にあった旧村名(浜益村(むら))。現在は石狩市の北部を占める地域。旧浜益村は1907年(明治40)成立。2005年(平成17)、石狩市に編入。日本海に臨む旧村域の大部分は増毛(ましけ)山地で占められ、浜益川沿いに耕地がある。江戸時代は益毛(ましけ)といい、宝永(ほうえい)年間(1704~1711)からニシン漁で栄えた。旧村名は「益毛」に「浜」を加えたとする説(マシケの語源には諸説ある)、アイヌ語アママシュケ(穀物を煮る・背負うなどの意)によるとする説などがある。昭和30年代以降はニシン漁が衰微し、かわって稲作、メロン、ジャガイモなどの栽培、肉用牛飼育などの混合経営農業が主産業となり、種苗移植、稚魚放流などの栽培漁業も行われる。海浜公園や海水浴場があり、釣り客や海水浴客が訪れ観光地化も進む。1981年(昭和56)国道231号が全通した。JR函館本線、根室本線が通じる滝川市の商圏で、同市との間に国道451号が通じ、定期バスがある。庄内藩ハママシケ陣屋跡は国指定史跡。ニシン番屋(1899年造)がはまます郷土資料館となっている。[奈良部理]
『石橋源著『浜益村史』(1980・浜益村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浜益の関連キーワード伊達林右衛門(3代)伊達林右衛門(初代)天川 恵三郎北海道石狩市浜益[村]石狩(市)浜益〈村〉黄金富士石狩国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜益の関連情報