コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見康治 ふしみこうじ

百科事典マイペディアの解説

伏見康治【ふしみこうじ】

物理学者。愛知県名古屋市生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。原子力平和利用ための「自主,民主,公開」の三原則を茅誠司とともに提唱,日本の原子力研究の発展に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏見康治 ふしみ-こうじ

1909-2008 昭和-平成時代の物理学者。
明治42年6月29日生まれ。昭和15年大阪帝大教授,36年名大プラズマ研究所(現自然科学研究機構核融合科学研究所)所長となる。統計物理学を専門とし,中性子中間子を研究。民主主義科学者協会日本学術会議の活動にかかわり,原子力平和利用三原則の確立につとめた。53年日本学術会議会長。58年参議院議員(公明党)。平成20年5月8日死去。98歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「現代物理科学の世界」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伏見康治の関連キーワードトムソン(Sir Joseph John Thomson)プリゴジーヌ自己組織化物理学者