コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅誠司 かやせいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茅誠司
かやせいじ

[生]1898.12.21. 神奈川,中津
[没]1988.11.9. 東京
実験物理学者。東北帝国大学理学部物理学科卒業 (1923) 。同大学金属材料研究所に入り,ドイツ留学。北海道帝国大学教授 (31) ,東京帝国大学教授 (43) ,東京大学学長 (57~63) 。日本学術会議会長 (54~59) 。第2次世界大戦直後に学術体制刷新委員会の中心人物として新体制の確立に貢献し,学界のリーダーとなった。ニッケル-マンガン合金の磁性の研究,磁化の機構の研究などがある。世界平和アピール七人委員会委員。 1963年「小さな親切運動」を提唱。 64年文化勲章受章。 85年「緑の文明学会」会長。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

茅誠司【かやせいじ】

金属物理学者。神奈川県生れ。東北大物理学科卒。北大教授を経て東大教授となり,1957年―1963年学長。金属磁気の研究で学士院賞を受けたほか,日本学術会議会長など各種学術団体役員も務め,世界平和アピール7人委員会による原水爆禁止運動,〈小さな親切運動〉など多方面で活躍した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茅誠司 かや-せいじ

1898-1988 昭和時代の物理学者。
明治31年12月21日生まれ。北海道帝大教授,東京帝大教授をへて昭和32年東大総長となる。本多光太郎に師事して磁性体を研究,昭和17年「強磁性結晶体の磁気的研究」で学士院賞を受賞。日本学術会議設立につとめ,29年会長。39年文化勲章。平和アピール七人委員会を結成。また「小さな親切運動」をとなえた。昭和63年11月9日死去。89歳。神奈川県出身。東北帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茅誠司
かやせいじ
(1898―1988)

物理学者。神奈川県生まれ。1923年(大正12)東北帝国大学物理学部物理学科を卒業し、同金属材料研究所助手となり、本多光太郎(ほんだこうたろう)の指導のもとに磁性体を研究、1926年本多とともに単結晶の結晶方向の磁化曲線を発見した。同助教授を経て、1928年(昭和3)欧米に留学。1931年北海道帝国大学理学部教授、1942年『強磁性結晶体の磁気的研究』で帝国学士院賞を受賞し、翌1943年東京帝国大学教授となり東京工業大学教授を兼任。戦後の1948年(昭和23)文部省科学教育局長を務め、日本学術会議設立に尽力し、1949年の設立時に同会議第4部長、1954年同会長となり日本物理学会委員長を兼任。1955年世界平和アピール七人委員会委員、1957年東京大学総長と同物性研究所長、1963年同名誉教授となり、「小さな親切運動」を提案する。1967年日本学術振興会長。1960年本多記念賞、1964年文化勲章を受章。著書に『未来へおくる科学統計資料』『未来へおくる科学レポート』ほか。昭和63年11月9日没。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

茅誠司の関連キーワード原爆被爆者対策基本問題懇談会日本科学史(年表)憲法問題研究会嵯峨根 遼吉昭和時代伏見康治茅陽一

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茅誠司の関連情報