コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大般若 ダイハンニャ

3件 の用語解説(大般若の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だい‐はんにゃ【大般若】


大般若経」の略。
狂言。和泉(いずみ)流。信者の家で、神楽をあげにきた神子(みこ)と祈祷(きとう)をしにきた僧が鉢合わせをし、僧の経は神楽の調子に引き込まれてしまう。
大般若経会」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいはんにゃ【大般若】

(1)能の曲名。四・五番目物。作者不明。シテは深沙大王(じんしやだいおう)。唐の三蔵法師(ワキ)が大般若経を伝来しようと天竺へ向かう途中,西域の流沙河まで来たとき,1人の老人(前ジテ)に出会う。老人は,この川は深さ千尋(ちひろ)の難所だし,向こうに見える葱嶺(そうれい)も天険で,まず越えることは困難だという。なお老人は,この川の主は深沙大王と称し,鬼のような姿をしているが心では仏法を敬っていると物語り,実はあなたは前世でも大般若経を得ようと志していたが,いつもこの地で命を落としたのだと話す(〈クセ〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいはんにゃ【大般若】

「大般若経」の略。
「大般若経会」の略。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大般若の関連情報