コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会記 カイキ

3件 の用語解説(会記の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい‐き〔クワイ‐〕【会記】

茶会の記録。客の名前、道具立て、花・懐石・菓子などを記したもの。茶会記。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいき【会記】

茶会の記録。茶会の催された日時・場所、参会した客の名、使用した道具・懐石・菓子などを記す。奉書紙に書く場合が多い。茶会記。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会記
かいき

茶会の次第や茶道具を記したもの。茶会の記録の意から、通常は茶会記とよばれる。客をもてなして「一座建立(こんりゅう)」を楽しみ、主客が直心の交わりをもつことを究極とする茶会は、道具の取り合わせや料理の仕立てに、おのずから亭主の個性が表徴される。「一期一会(いちごいちえ)」の余韻を長く記憶にとどめておくために、また以後の茶会の参考のためにも、自会記、他会記をあわせて、茶人たちは多くの茶会の記録を残してきた。古くは「四大茶会記」といわれる有名な会記がある。これは松屋、天王寺屋(てんのうじや)、納屋(なや)、神谷(かみや)という四大豪商が記した茶会記録であるが、それぞれに『松屋会記』『天王寺屋会記』『今井宗久茶湯(そうきゅうちゃのゆ)日記書抜』『宗湛(そうたん)日記』の名称で広く知られる。茶会記はその『松屋会記』をもって嚆矢(こうし)とする。1533年(天文2)に始まり親子三代120余年にわたる記録は、実に驚異的だといえよう。
 近年では『大正名器鑑(かん)』を編んだ高橋箒庵(そうあん)が、参会した茶会記録に批判を加えながら書き残した『東都茶会記』『大正茶道記』『昭和茶会記』などがあり、茶会文学と称されるにふさわしい文学性と記録性とを兼ね備えた貴重な茶道資料である。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の会記の言及

【茶事】より

…そこに,茶会といわず茶事という表現の意味が存する。ただ,この区別を強調する必要のなかった,千利休を中心とする時代には,茶事という表現はなく,すべて茶会と呼ばれ,その茶会の記録,すなわち会記には,懐石の献立が含まれている。利休時代の茶会記をみると,その構成は今日の茶事と基本的に一致しているが,今日ではその様式が整備されて画一化しているのに対し,きわめて自由な対応を示している。…

※「会記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

会記の関連キーワード名前懐石料理茶会雑録新記録茶会記茶懐石道具立て二つ道具大寄せ茶会

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会記の関連情報