コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯方[町] はかた

百科事典マイペディアの解説

伯方[町]【はかた】

愛媛県北部,越智(おち)郡の旧町。芸予諸島伯方島を占める。主集落木浦(きのうら)に今治(いまばり)・尾道両市を結ぶ定期船が通じる。本州四国連絡橋尾道〜今治ルート(西瀬戸自動車道)が通じ,大三島橋で上浦町と,伯方大島大橋で宮窪町と結ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の伯方[町]の言及

【伯方島】より

…瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島中の島で,一島で愛媛県越智(おち)郡伯方町を形成。人口8356(1995)。…

※「伯方[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android