コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波方[町] なみかた

2件 の用語解説(波方[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

波方[町]【なみかた】

愛媛県北部,高縄半島の北端を占める越智(おち)郡の旧町。ミカン,ナシなどの果樹を栽培,海運業が盛んで,造船も行われる広島県竹原市間にフェリーボートがあり,予讃線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なみかた【波方[町]】

愛媛県北部,越智(おち)郡の町。人口9914(1995)。かつては〈はがた〉と読んだが,1960年町制施行に際して改称。高縄半島の北端に位置し,来島(くるしま)海峡,関前(せきぜん)灘,斎(いつき)灘と,三方を海に囲まれ,北に大角ノ鼻(おおすみのはな),西に宮崎半島が突出する。波方港沖から縄文後期の注口土器が発見されており,海岸部にも縄文時代の水崎遺跡がある。中世,この一帯は水軍を擁して活躍した来島氏根拠地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone