コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波方[町] なみかた

世界大百科事典 第2版の解説

なみかた【波方[町]】

愛媛県北部,越智(おち)郡の町。人口9914(1995)。かつては〈はがた〉と読んだが,1960年町制施行に際して改称。高縄半島の北端に位置し,来島(くるしま)海峡,関前(せきぜん)灘,斎(いつき)灘と,三方を海に囲まれ,北に大角ノ鼻(おおすみのはな),西に宮崎半島が突出する。波方港沖から縄文後期の注口土器が発見されており,海岸部にも縄文時代の水崎遺跡がある。中世,この一帯は水軍を擁して活躍した来島氏の根拠地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android