コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大三島[町](読み)おおみしま

百科事典マイペディアの解説

大三島[町]【おおみしま】

愛媛県越智(おち)郡,大三島西半部を占める旧町。大山祇(おおやまづみ)神社の所在地として知られ,鳥居前町宮浦が主集落。ミカンを産し,漁業も行う。本州四国連絡橋尾道〜今治ルート大三島橋が通じる。2005年1月越智郡玉川町,波方町,大西町,菊間町,吉海町,宮窪町,伯方町,上浦町,関前村,朝倉村と今治市へ編入。43.32km2。4261人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおみしま【大三島[町]】

愛媛県北部,越智(おち)郡の町。1955年鏡・宮浦両村が合体,町制改称。人口4746(1995)。芸予諸島中最大の島である大三島の西半を占める。鷲ヶ頭(わしがとう)山(437m)を主峰とする脊梁山脈が南北に連なり,平地は小河川流域に点在する。中心の宮浦は古くから瀬戸内海交通の要衝として開け,近世には大山祇(おおやまづみ)神社門前町として発展した。産業の中心はかんきつ栽培で,果樹園は耕地総面積の大部分を占める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android