コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低温核融合 ていおんかくゆうごうcold fusion

翻訳|cold fusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低温核融合
ていおんかくゆうごう
cold fusion

パラジウムやチタンを陰極,白金を陽極として試験管中で重水を電気分解すると中性子が観測されたという現象が 1990年3月にアメリカの2グループによって報告された。これは重水素核融合反応が室温の陰極金属の中で起きていることを示し,従来の高温プラズマによる核融合に比べて低温であることから低温核融合と呼ばれる。簡単な装置で核融合エネルギーを手に入れる可能性があるために多くの研究者により追試験が行なわれた。しかし,中性子観測の例がいくつか報告されているが,実験の再現性は悪い。低温核融合がエネルギー源となる見通しはほぼ否定されたけれども,観測された現象は重水素分子における核融合反応よりも 1050 倍も多く,なぞに満ちている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていおん‐かくゆうごう〔テイヲンカクユウガフ〕【低温核融合】

従来の重水素三重水素を超高温高圧のプラズマ状態にして生じさせる核融合に比べ、それより低い室温程度の常温で生じる核融合。重水電気分解や重水素ガス中の放電などで生じる実験が繰り返され、エネルギー源としての利用可能性が注目されている。常温核融合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android