コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉仲皇子 すみのえのなかつおうじ

2件 の用語解説(住吉仲皇子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住吉仲皇子 すみのえのなかつおうじ

記・紀にみえる仁徳(にんとく)天皇の皇子。
母は磐之媛命(いわのひめのみこと)。仁徳天皇死後,同母兄の皇太子(のちの履中天皇)殺害をはかり皇太子の宮に火をはなったが,皇太子は石上(いそのかみ)神宮にのがれた。のち皇太子の同母弟(のちの反正天皇)の命をうけた隼人(はやと)の刺領巾(さしひれ)に暗殺された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すみのえのなかつのみこ【住吉仲皇子】

仁徳天皇の皇子で,母は磐之媛(いわのひめ)皇后。難波宮を焼き同母兄の履中天皇殺害を謀るが,天皇は物部大前宿禰,漢直阿知使主あやのあたいあちのおみ)らに助けられ大和の石上(いそのかみ)神宮に入る。一方,皇子は瑞歯別皇子(みずはわけのみこ)(後の反正天皇)に指嗾(しそう)された隼人(はやと)の刺領布(さしひれ)に刺殺される。《日本書紀》は謀叛の原因に皇子が天皇の婚約者,羽田矢代宿禰(はたのやしろのすくね)の娘の黒媛を姦したことをあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

住吉仲皇子の関連キーワード允恭天皇反正天皇履中天皇磐之媛磐之媛命口比売国背別皇子国乳別皇子国依媛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone