コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉仲皇子 すみのえのなかつおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

住吉仲皇子 すみのえのなかつおうじ

記・紀にみえる仁徳(にんとく)天皇の皇子。
母は磐之媛命(いわのひめのみこと)。仁徳天皇死後,同母兄の皇太子(のちの履中天皇)殺害をはかり皇太子の宮に火をはなったが,皇太子は石上(いそのかみ)神宮にのがれた。のち皇太子の同母弟(のちの反正天皇)の命をうけた隼人(はやと)の刺領巾(さしひれ)に暗殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すみのえのなかつのみこ【住吉仲皇子】

仁徳天皇の皇子で,母は磐之媛(いわのひめ)皇后。難波宮を焼き同母兄の履中天皇殺害を謀るが,天皇は物部大前宿禰,漢直阿知使主(あやのあたいあちのおみ)らに助けられ大和の石上(いそのかみ)神宮に入る。一方,皇子は瑞歯別皇子(みずはわけのみこ)(後の反正天皇)に指嗾(しそう)された隼人(はやと)の刺領布(さしひれ)に刺殺される。《日本書紀》は謀叛の原因に皇子が天皇の婚約者,羽田矢代宿禰(はたのやしろのすくね)の娘の黒媛を姦したことをあげる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

住吉仲皇子の関連キーワード羽田八代埴生坂

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android