佐川文蔵(2代)(読み)さがわ ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐川文蔵(2代) さがわ-ぶんぞう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
市野谷十郎兵衛の門下。若女方から立役(たちやく)となり,旅芝居で修業。享保(きょうほう)13年(1728)大坂竹島幸左衛門(こうざえもん)座で2代佐川文蔵を襲名。のち実悪(じつあく)に転じ,立役もかねた。寛保(かんぽう)3年以後の消息は不明。初名は嵐三五。前名は市野谷十蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android