コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐渡おけさ サドオケサ

4件 の用語解説(佐渡おけさの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さど‐おけさ【佐渡おけさ】

新潟県の民謡で、佐渡島の盆踊り歌。九州のハイヤ節日本海沿岸を上って佐渡に伝えられ、変化したもの。大正末期以降、全国に広まった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さどおけさ【佐渡おけさ】

新潟県の民謡。佐渡市相川に始まる盆踊り唄。1926年(大正15)レコード化され全国に広まった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡おけさ
さどおけさ

新潟県佐渡市北西部、旧相川(あいかわ)町の民謡。同地方で7月25日から3日間催される「鉱山祭」のパレード用の唄(うた)として歌い踊られてきたもの。その源流は、熊本県牛深(うしぶか)(天草市)生まれの酒盛り唄『牛深ハイヤ節』で、これが帆船の船乗りたちによって諸国の港へ伝えられたおり、佐渡では小木(おぎ)港へ持ち込まれた。それがのちに相川金山にも伝わり、酒盛り唄、さらに選鉱場でも歌われるようになった。ところが1896年(明治29)11月、相川金山が民営化される記念に、翌年8月13日から3日間「鉱山祭」を催すことになった。このとき鉱山労働者たちは先の「選鉱場節」に花藺笠(はないがさ)をかぶり、踊りを加えて、町を流して回った。このときは「選鉱踊り」の名で演じられていたが、1906年(明治39)ごろから越後(えちご)側の流行(はやり)唄「おけさ」にあやかって『相川おけさ』と改名した。その後、24年(大正13)6月10日に地元有志による民謡団体「立浪(たつなみ)会」の結成があり、名人村田文蔵が入会。26年7月に日蓄レコードに吹き込むに際し、会社側から、「相川」より「佐渡」のほうが世間への通りがよいといわれて『佐渡おけさ』と改名、以後、島の観光用の唄として広まっていった。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐渡おけさの関連キーワード両津踊り歌佐渡銚子大漁節北海盆唄両津甚句相馬盆踊歌盆踊歌三国節三原やっさ節

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐渡おけさの関連情報