コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おけさ節 オケサブシ

4件 の用語解説(おけさ節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おけさ‐ぶし【おけさ節】

新潟県の民謡。「佐渡おけさ」が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

おけさ節【おけさぶし】

新潟県の代表的民謡。九州の〈ハイヤ節〉が海路を経て越後にはいってから,土地の〈おけさ〉と歌い出す歌や甚句と結び付いてできたといわれる。〈佐渡おけさ〉は佐渡相川の金山の鉱夫たちが歌うようになった《相川おけさ》が1926年に《佐渡おけさ》としてレコード化し,普及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おけさぶし【おけさ節】

民謡。〈おけさ〉〈おけさ節〉という曲名は各地に散在するが,新潟県佐渡島の踊唄である《佐渡おけさ》がとくに有名。お桂(けい)という新潟の芸妓が歌い出したので〈お桂さん節〉がなまって〈おけさ節〉となったとする説もあるが,現在は佐渡が発祥の地と考えられている。新旧の2種類があり,現今のものは村田文三を中心に相川の立浪会が大正末から保存,研究,普及に努めたもの。旧おけさはもっとテンポの早いものであり,地元の人はこれを《ハイ(ン)ヤ節》と呼んでいたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おけさ節
おけさぶし

日本民謡の一つ。「おけさ見るとて葦(よし)で眼(め)をついた」とか「おけさ正直なら」といった歌詞があり、「おけさ」とは、江戸時代後期に新潟県出雲崎(いずもざき)町あたりにいた船乗り相手の酌婦の名前である。その「おけさ」なる女性を詠んだ歌詞で歌う越後(えちご)の『おけさ節』は、地元の甚句(じんく)の節にのせて歌うものであった。ところが江戸後期、九州・天草の熊本県牛深(うしぶか)(天草市)生まれの酒盛り唄『ハイヤ節』が船乗りたちによって諸国の港へ持ち回られ、越後では新潟や出雲崎の港へ伝えられた。すると越後の人たちは、在来の『おけさ節』の歌詞はそのまま生かし、節のほうを流行の『ハイヤ節』に取り替えてしまった。言い換えれば、『ハイヤ節』の歌詞が不足しているので、在来の『おけさ節』の歌詞を利用したのである。それが越後の花柳界で育てられ、『新潟おけさ』『寺泊(てらどまり)おけさ』『出雲崎おけさ』『三条おけさ』『柏崎(かしわざき)おけさ』など多種多様の「おけさ節」に発展していった。なお「おけさ」というとすぐ佐渡(さど)島の『佐渡おけさ』を思い浮かべることが多いが、これは1906年(明治39)ごろ越後側の「おけさ」の人気にあやかって改名したもので、「おけさ」の本場は越後側である。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おけさ節の関連キーワード嵐の前の静けさ化作佐渡おけささんさ節静けさ明けさる通信空オケ三原やっさ節湿気寒助さん

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone