コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おけさ節 オケサブシ

4件 の用語解説(おけさ節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おけさ‐ぶし【おけさ節】

新潟県の民謡。「佐渡おけさ」が有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

おけさ節【おけさぶし】

新潟県の代表的民謡。九州の〈ハイヤ節〉が海路を経て越後にはいってから,土地の〈おけさ〉と歌い出す歌や甚句と結び付いてできたといわれる。〈佐渡おけさ〉は佐渡相川の金山の鉱夫たちが歌うようになった《相川おけさ》が1926年に《佐渡おけさ》としてレコード化し,普及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おけさぶし【おけさ節】

民謡。〈おけさ〉〈おけさ節〉という曲名は各地に散在するが,新潟県佐渡島の踊唄である《佐渡おけさ》がとくに有名。お桂(けい)という新潟の芸妓が歌い出したので〈お桂さん節〉がなまって〈おけさ節〉となったとする説もあるが,現在は佐渡が発祥の地と考えられている。新旧の2種類があり,現今のものは村田文三を中心に相川の立浪会が大正末から保存,研究,普及に努めたもの。旧おけさはもっとテンポの早いものであり,地元の人はこれを《ハイ(ン)ヤ節》と呼んでいたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おけさ節
おけさぶし

日本民謡の一つ。「おけさ見るとて葦(よし)で眼(め)をついた」とか「おけさ正直なら」といった歌詞があり、「おけさ」とは、江戸時代後期に新潟県出雲崎(いずもざき)町あたりにいた船乗り相手の酌婦の名前である。その「おけさ」なる女性を詠んだ歌詞で歌う越後(えちご)の『おけさ節』は、地元の甚句(じんく)の節にのせて歌うものであった。ところが江戸後期、九州・天草の熊本県牛深(うしぶか)(天草市)生まれの酒盛り唄『ハイヤ節』が船乗りたちによって諸国の港へ持ち回られ、越後では新潟や出雲崎の港へ伝えられた。すると越後の人たちは、在来の『おけさ節』の歌詞はそのまま生かし、節のほうを流行の『ハイヤ節』に取り替えてしまった。言い換えれば、『ハイヤ節』の歌詞が不足しているので、在来の『おけさ節』の歌詞を利用したのである。それが越後の花柳界で育てられ、『新潟おけさ』『寺泊(てらどまり)おけさ』『出雲崎おけさ』『三条おけさ』『柏崎(かしわざき)おけさ』など多種多様の「おけさ節」に発展していった。なお「おけさ」というとすぐ佐渡(さど)島の『佐渡おけさ』を思い浮かべることが多いが、これは1906年(明治39)ごろ越後側の「おけさ」の人気にあやかって改名したもので、「おけさ」の本場は越後側である。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone